よろず小屋12月例会の報告

 よろず小屋12月の例会は、12月14日にルノアール大久保店マイスペース会議室で行なわれました。寒い中、7名の方が参加され、にぎやかに議論をしました。

 今回のテキストは濱口桂一郎さんの『若者と労働』。

若者と労働 「入社」の仕組みから解きほぐす (中公新書ラクレ)若者と労働 「入社」の仕組みから解きほぐす (中公新書ラクレ)
(2013/08/10)
濱口 桂一郎

商品詳細を見る

 レポーターからレジュメに基づいた概要報告があった後、次のような論点が提起されました。

  1. 若者の労働意識に関するいくつかの調査データをみると、ジョブ型正社員導入にとって追い風になる部分と向かい風になる部分とがある。前者は例えばアスピレーションの低さ、ワークライフバランス志向の高まりなど。後者は年功賃金を支持する割合の再上昇等。後者をどのように手当てしていくか、具体的に考える必要があろう。
  2. ノンエリートの人生モデルを社会的に作っていくことが必要だと思うが、けっこう難しいし時間がかかるようにも思う(回顧的に言えば戦後のある時期に徹底的に破壊してしまったものだとも言える)。
  3. 学校教育の問題。高校について言えば、普通科がよいという意識は(専門校交の方が就職率がよいと知られている現在でさえ)まだまだ強いように思われる。大学について言えば、非実学系専攻が多すぎると考えるのか、(本田由紀さんはそのように考えているように思えるが)非実学系の専攻でも教育の職業的意義は確保できると考えるのか。

 これを受けて(また各人の職業経験を背景としながら)熱心な議論が行なわれました。ごく一部ですが論点を紹介してみます。

  • 日本の職場でジョブを切り分けるのはけっこう大変なように思う。ジョブを切り分けられるように職場のあり方を変えるには相当な時間と手間がかかりそう。
  • 非実学系専攻を労働市場との対応で削減していくと、大学の大学らしさのようなものがなくなってしまうのではないか。
  • 旧来のシステムが養成してきたようなジェネラリストは今後も一定程度必要なのではないか。そうだとしたら、どの程度の必要性を見積もればよいか。
  • 専門性の幅にもよるが、職業教育のシステムは労働市場の変動速度に耐えられるか。特に技術の陳腐化にどのように対応していくのがよいか。
  • 今や労働市場の大きな部分をなす対人接客業の人々の専門性をどう考えるべきか。
  • 派遣をやってみたが、これはこれですっきりしていてよい。ジョブ型正社員のメリットを実感したと言える。
  • 実務能力が学校で身に付くという「幻想」が経済界にあるように思える。あるいは大学教育における職業的な意義とはどの程度実務的なものであるべきか。
  • ノンエリートの人生モデルという点で言えば、最近よくいわれるヤンキー化(地元人間関係プラス家族が生きがい)はそういうもののプロトタイプでは。
  • ブラック企業への批判について。(今回のテキストは離れて)それを批判すること自体は正しいと思うが、個々の求職者のケアをする立場から見ると、ブラック企業から脱出した人たちに次の職場を提供できなければ不十分であるようにも思う。
  • 日本型モノ作りの優位性を主張する経営学的な議論からするとメンバーシップ型正社員の存在にもまだまだメリットがあるということになるのだろうか。

関連文献
 ノンエリート論に関して濱口さんもしばしば言及される常見さんのテキスト。2011年3月に取り上げました。

くたばれ!就職氷河期  角川SSC新書  就活格差を乗り越えろ (角川SSC新書)くたばれ!就職氷河期 角川SSC新書 就活格差を乗り越えろ (角川SSC新書)
(2010/09/10)
常見 陽平

商品詳細を見る


 次回の例会は 1月11日になります。ご案内はこちらです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yorozugoya

Author:yorozugoya
 読書会よろず小屋のサイトです。都内で月に一回読書会を行っています。オープンな読書会ですので、興味のある方はのぞきにきてみてください。詳しくは下記のエントリをどうぞ。



次回の例会についてはこちら。

・次回例会のご案内

また、連絡用掲示板、Twitterアカウントはこちらになります。

・よろず小屋掲示板
・読書会よろず小屋 yorozu_goya

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR