FC2ブログ

読書会よろず小屋10月合宿の報告(10月8、9日:『シン・ゴジラ』)

 読書会よろず小屋は10月に熱海にて合宿を行いました。参加者のみなさんから記録をいただきましたので、こちらに掲載させていただきます。みなさん、ありがとうございます。

 今年度の合宿は、10月8日(日)から9日(祝)の一泊二日で熱海で開催されました。参加者は8名。内3名が合宿初参加の方でした。

10月8日(日)

 初日は、12時に熱海駅前集合。駅前の足湯で足浴をしながらの集合となりました。屋外の無料施設なのですが、40度以上あると思われる、なかなか温かな足湯でした。足湯からの参加者は、dさん、kmさん、ktさん、wさん、mの5名でした。
 5名集合後、駅前商店街の食事処で刺身定食などを頂いたあと、dさんの提案で伊豆山神社と境内の伊豆山郷土資料館へ。波の伊八が彫った龍や、小泉今日子さん奉納の鳥居などを見学しました。(この項、Mさん)

 合宿1日目、熱海駅で先に集合した5人で伊豆山神社に行きました。
 海岸近くから800段以上の階段が参道となっている神社ですが、我々はバス停の場所から170段ほど登って参拝。役小角、源頼朝、初島の初木姫などにゆかりのある神社です。併設の郷土資料館に入館しました。
 鎌倉時代の伊豆山権現像、戦国時代の天皇ご宸筆の般若心境、波の伊八の木彫り龍などたいへん見ごたえのある神社で、館長の方に詳しい説明をして頂きました。(この項、Dさん)

 伊豆山神社見学後、熱海駅に戻りkrさんと合流。地サイダー、地ビールなどを買いながら、宿泊先の大江戸温泉物語あたみに移動をしました。宿に移動後、ロビーでyさんとoさんが合流。入浴、夕食の後、20時半頃、例会開始となりました。
 例会の報告者はwさん。テキストは映画シン・ゴジラでした。ヤシオリ作戦の際、なぜゴジラが計画通りの位置に固定されたのか、など、熱い議論が日付が変わるまで交わされました。(この項、Mさん)

 (例会内容)今回は映画『シン・ゴジラ』を取り上げたため参加者は事前に視聴して参加するというかたちを取
りました。レポーターより完成台本の抜粋、Twitter上で公開された映画内の時系列、キャラクターデザインのコンセプト等の説明があり、その後は参加者が自由に感想を述べたり議論したりしました。話題は多岐にわたりましたが、盛り上がった点をまとめました。

  • ゴジラの視線は目線を下に向けて人間と目線が合うように意識していた。
     →視線が交差することで畏敬を感じる。
  • 総理の判断で1回目の自衛隊が攻撃を止める判断や官僚の決断はたとえフィクションであってもこうあって欲しいと思わせるものであった。
     →締め切りを伸ばしたり、最後は行政手続きでゴジラを止めたりなど組織としても機能していた。
     →ゴジラ対策としてつくられた特別部隊もはぐれ者の集まりと言われていたが、実際は各組織に所属し協力していた。
     →清掃員やお茶くみの人など目立たない人も頑張っていた。
  • 生理的に恐怖を感じるシーンがなかった。
     →心が痛むシーンではアメリカの空爆で地下に逃げているシーンや停電の電車の中に満員の中閉じ込められるシーンがあった。
  • 1回目の攻撃をなぜ中止したか?
     →航空機のハイジャックに対する日本の人命優先の態度を反映している。
  • 最終作戦の電車爆弾の電源はどうしていたか?
     →通常は電車のパンタグラフはピンとはって電線に接触していなければ電源の供給ができない。
  • ゴジラの襲来は次の関東大震災を示唆しているように感じられた。
     →対策としての日本の首都移転、首都機能分散は進んでいるか?
     →首都が切り捨てられるという構図が感じられる。
  • ゴジラの決着は凍結されることでなされたが、根本的な解決になっていない。
     →福島原発の処置と同じ
(この項、Kmさん)

10月9日(月)

 二日目は、朝風呂を楽しんだ後、チェックアウトし、8名全員でMOA美術館へ。
 黄金の茶室(復元)や重要文化財の絵画などを多数鑑賞。MOA美術館鑑賞後、oさんとyさんは伊豆山神社へ、krさんはご帰宅、残りの5名はフェリーで初島へ。灯台からの景色を楽しんだり、海洋資料館を見学したりしました。初島の詳細については、dさんやwさんの報告をご確認ください。(この項、Mさん)

 バスで熱海港に移動し、昨年と同じフェリー「イルドバカンスプレミア」で初島に渡りました。
 空を舞うカモメたち。食パンをちぎっていっぱい投げました。何回も、カモメがくちばしでキャッチしてくれました。海鮮丼を食べたあとは、二手に分かれて初島探索。3名は灯台を見に行きました。私たち2名は、さざえの壺焼きを食べた後、初島海洋資料館へ。
 初島海洋資料館は、初島港から徒歩5分のところにあり、外観はコンパクトな2階建てログハウスです。閉館15分前に到着。入ってみると誰もいなくて、入り口のところに「統計を取っているので、ご記入をお願いします」と入館者の人数・どこから来たのかを書く紙がおいてありました。
 相模湾周辺の海底地図や、潜水調査船「しんかい6500」の模型、カニの標本など、いろいろ展示されていました。海底地形図はけっこう大きくて、相模トラフの深さが濃い青色で表現されており、シン・ゴジラの「相模トラフに潜伏中となると……」を思い出しました。
 初島海洋資料館を出て、民家の前にいた、去年も遊んだ猫と遊びました。
 夕暮れの薄青く美しい空の下、フェリーで熱海港まで戻り、3名が喫茶店で休憩している間、2名でお土産の丹那牛乳や富士山ソーダを購入しました。喫茶店に戻って梅ジュースを飲みました。甘酸っぱくて疲労回復によさそうな味。おいしかったです。駅ナカ施設でシロップ漬けのオレンジ入りアイスバーを買いながら熱海駅に向かい、始発のグリーン車に乗り込みました。
 一人、また一人と下車して日常生活に帰っていきました。3名で品川駅で途中下車し、立ち食い寿司を食べて帰りました。お寿司おいしかったです。(この項、Wさん)

 初島の灯台組の報告です。
 合宿2日目、初島に渡り、灯台に向かうグループ3人と、猫と遊ぶグループ2人に分かれて行動。
 灯台グループは、灯台の頂上の展望台に登りました。天気は曇り気味でしたが、伊豆大島が大きく見え、三浦半島や神津島と思われる島も見えました。周辺はアスレチック施設が出来ており、次回はそこで遊ぶのも良いかと。ほぼ島を半周して港に戻りました。
 初島を堪能した後は、熱海駅に戻り、上野東京ラインで一路東京へ。各自、小田原、川崎、品川で下車し、流れ解散となりました。帰りの車中では、来年は来宮神社や丹那トンネルに行きたいとの声が聞かれました。(この項、Dさん)


 次回例会は、11月18日(土)18時より、ルノアール大久保店マイスペース会議室で行ないます。ご案内はこちら
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yorozugoya

Author:yorozugoya
 読書会よろず小屋のサイトです。都内で月に一回読書会を行っています。オープンな読書会ですので、興味のある方はのぞきにきてみてください。詳しくは下記のエントリをどうぞ。



次回の例会についてはこちら。

・次回例会のご案内

また、連絡用掲示板、Twitterアカウントはこちらになります。

・よろず小屋掲示板
・読書会よろず小屋 yorozu_goya

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR